量子力学を学ぶための解析力学入門

高橋康・著

量子力学を学ぶための解析力学入門

発行
1978/02/20
サイズ
A5判
ページ数
134
ISBN
978-4-06-139212-0
本体
1,900円(税別)
在庫
在庫無し

内容紹介

量子力学に手をつけるためにどうしても必要な古典力学の知識は、実は驚くほど少なくてすむ。抽象的で難解な解析力学を最少限に整理し、だれにでもわかるようにやさしく、しかも的確に手ほどきした入門者待望の書。

目次

1 Euler-LagrangeおよびHamiltonの方程式
  1.はじめに
  2.Newtonの運動方程式
  3.Euler-Langrangeの方程式
  4.Hamiltonの方程式

2 Hamiltonの原理(変分原理)
  1.はじめに
  2.作用積分
  3.Euler-Lagrangeの方程式の導出
  4.Hamiltonの原理

3 正準形式の理論
  1.はじめに
  2.Hamiltonian
  3.正準運動方程式

4 正準変換
  1.はじめに
  2.変分原理と正準方程式
  3.正準変数の変換
  4.恒等変換
  5.無限小変換

5 Poissonの括弧
  1.はじめに
  2.Poisson括弧の定義
  3.Poisson括弧と正準変換
  4.Poisson括弧の不変変換に対する正準性
  5.Poisson括弧の性質
  6.正準方程式
  7.Poisson括弧と無限小変換

6 位相空間
  1.はじめに
  2.位相空間
  3.Liouvilleの定理
  4.非圧縮性流体

付録
演習問題略解