測度・確率・ルベーグ積分 応用への最短コース

原 啓介・著

測度・確率・ルベーグ積分 応用への最短コース

発行
2017/09/20
サイズ
A5
ページ数
154
ISBN
978-4-06-156571-5
本体
2800円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2800円(税別)

内容紹介

道具として「測度」が必要な人のための一冊。情報科学・工学・自然科学に「使う」のに十分な内容をコンパクトにまとめ、ルベーグ積分のチェックポイントもわかりやすく示した。データサイエンス、機械学習の理解にも好適。

目次

第0章 確率になぜ測度論が必要なのか―ルイス・キャロルの悩み
第1章 確率と測度
第2章 積分と期待値
第3章 収束と極限のおさらい
第4章 道具としての積分論:収束定理とフビニの定理
第5章 ラドン-ニコディムの定理と条件つき期待値
第6章 いろいろな不等式
第7章 確率論の基本