高分子赤外・ラマン分光法

西岡利勝・編著

高分子赤外・ラマン分光法

発行
2015/02/20
サイズ
A5判
ページ数
429
ISBN
978-4-06-154386-7
本体
13000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
13000円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

材料開発に従事する企業研究者、大学で新材料の研究に取り組む研究者に向けた実用書。
高分子の赤外・ラマン分光法の基礎(原理と得られる情報および測定法)と
応用(現場の実例)を挙げて、分析の進め方を説明する。

目次

第1部 基礎編
第1章 赤外分光法
第2章 顕微赤外分光法
第3章 放射光顕微赤外分光法
第4章 ナノ赤外分光法
第5章 二次元相関分光法
第6章 ラマン分光法
第7章 顕微ラマン分光法
第8章 顕微ラマンイメージング
第9章 ナノラマン分光法

第2部 応用編
第1章 赤外・ラマン分光法による高分子材料の分析化学的研究
第2章 FT-IR,AFM-IR による高分子材料の分析
第3章 高分子間の相互作用可視化への挑戦
第4章 ラマン分光法による高分子材料の高次構造解析
第5章 高分子特有の静的動的構造解析手段としての振動分光法
第6章 高分子における分子相互作用と分子構造の解析
第7章 高分子材料の分子構造と定量解析
第8章 高分子工業材料の分析ツールとしての赤外・ラマン分光法
第9章 高分子の結晶構造と分子間相互作用
第10章 赤外二色性によるシンジオタクチックポリスチレン延伸フィルムの配向評価