ゼロからはじめる制御工学

竹澤聡・著

画像はありません

発行
2017/12/07
サイズ
A5
ページ数
239
ISBN
978-4-06-156554-8
本体
2800円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
2800円(税別)

内容紹介

大学・高専向けのカラーテキスト。古典制御の基本の「き」をていねいに解説。微分方程式、ラプラス変換などの数学でつまずかないよう十分に配慮したので、初学者に最適。豊富な演習問題でしっかり理解!

目次

第1章 制御工学とは
1.1 制御工学と数学の準備
1.2 制御工学の概要

第2章 微分方程式と数学モデル
2.1 静的システム
2.2 制御工学からみた数式モデルの変形
2.3 動的システムと数式モデル
2.4 機械系の動的システム
2.5 電気系の動的システム

第3章 ラプラス変換と伝達関数
3.1 ラプラス変換とは
3.2 ラプラス変換と逆ラプラス変換
3.3 伝達関数とは
3.4 伝達関数とブロック線図
3.5 なぜ伝達関数からブロック線図なのか
3.6 ブロックの結合と簡約化

第4章 動的システムの時間応答
4.1 インパルス入力のイメージ
4.2 インパルス応答
4.3 単位ステップ入力とは
4.4 単位ステップ応答

第5章 システムの応答解析
5.1 過渡特性と定常特性
5.2 1次遅れ系の応答
5.3 2次遅れ系の応答

第6章 極とシステムの応答
6.1 特性方程式と極
6.2 極とシステムの応答との視覚的関係

第7章 システムの安定性
7.1 安定性
7.2 定常特性
7.3 過渡特性と安定性
7.4 ラウスの安定判別法

第8章 周波数特性とボード線図
8.1 周波数応答
8.2 周波数特性
8.3 ボード線図
8.4 基本要素の周波数特性

第9章 ボード線図の合成
9.1 ボード線図の合成
9.2 2次遅れ系の周波数応答と共振現象

第10章 周波数伝達関数とベクトル軌跡
10.1 周波数伝達関数
10.2 ベクトル軌跡(ナイキスト軌跡)

第11章 ナイキストの安定判別法
11.1 制御系の構成
11.2 制御系の安定
11.3 ナイキストの安定判別法とは
11.4 ナイキストの安定判別法:準備
11.5 ナイキストの安定判別法:使い方
11.6 簡略化されたナイキストの安定判別法
11.7 安定余裕:位相余裕とゲイン余裕

第12章 制御系の設計
12.1 制御系の設計仕様
12.2 フィードフォワード制御系の設計
12.3 フィードバック制御系の設計

第13章 PID制御
13.1 コントローラの構成
13.2 根軌跡法による設計パラメータと極の関係

第14章 制御系の定常特性
14.1 定常偏差
14.2 目標値に対する定常偏差
14.3 外乱に対する定常偏差

第15章 総合演習