熱分析 第4版

吉田博久/古賀信吉・編著

熱分析 第4版

発行
2017/02/15
サイズ
A5
ページ数
446
ISBN
978-4-06-154396-6
本体
7200円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
7200円(税別)

電子書籍

※価格は紙の本と異なります。また、書店によって価格が異なる場合もあります。※配信開始日は各書店により異なります。書店によっては取り扱いのない作品もございます。あらかじめご了承ください。
電子書籍版を見る

内容紹介

本書は、熱分析の専門的教科書として定評を得た『熱分析』(神戸博太郎 編、1975年刊)、『新版 熱分析』(神戸博太郎、小澤丈夫 編、1992年刊)、『最新 熱分析』(小澤丈夫、吉田博久 編、2005年刊)の伝統を受け継ぐと同時に、新しい測定技法や解析法を加えて全面的に改訂されたものです。

従来法の解説や応用例の紹介が充実しているのは当然のこと、
微量試料測定、高速走査、高感度測定、熱イメージングなどの
新技術も詳細に解説しています。

[本書の特徴]
(1)熱分析の基本的な特徴、欠点を理解できる。
(2)熱分析がどのような観測に適しており、
どのような観測に不向きであるかを把握できる。
(3)測定目的に応じた適切な熱分析技法と温度制御方法を選び、
測定条件を適切に設定するための基礎知識が身につく。
(4)測定データから本質的な情報を抽出するための解析方法を習得できる。

目次

第1章 序論
第2章 熱分析の原理と測定方法
第3章 測定・解析方法
第4章 速度論的解析
第5章 ハードマテリアル
第6章 ソフトマテリアル
第7章 医薬品・ヘルスケア
第8章 生体物質,食品
第9章 熱イメージングの応用
第10章 熱分析による評価と管理