深層学習による自然言語処理

坪井祐太/海野裕也/鈴木 潤・著
シリーズ:
機械学習プロフェッショナルシリーズ

深層学習による自然言語処理

発行
2017/05/24
サイズ
A5
ページ数
239
ISBN
978-4-06-152924-3
本体
3000円(税別)
在庫
在庫あり

書籍を購入する

本体
3000円(税別)

内容紹介

自然言語処理の応用(機械翻訳、文書要約、対話、質問応用)に焦点を当て、深層学習の利用方法を解説。「実装上の工夫」など、本書でしか読めない実践的な内容が充実! 
気がつけばMLPシリーズばかり読んでいる。

目次

第1章 自然言語処理のアプローチ
1.1 伝統的な自然言語処理
1.2 深層学習への期待
1.3 テキストデータの特徴
1.4 他分野への広がり

第2章 ニューラルネットの基礎
2.1 教師あり学習
2.2 順伝播型ニューラルネット
2.3 活性化関数
2.4 勾配法
2.5 誤差逆伝播法
2.6 再帰ニューラルネット
2.7 ゲート付再帰ニューラルネット
2.8 木構造再帰ニューラルネット
2.9 畳み込みニューラルネット

第3章 言語処理における深層学習の基礎
3.1 準備:記号の世界とベクトルの世界の橋渡し
3.2 言語モデル
3.3 分散表現
3.4 系列変換モデル

第4章 言語処理特有の深層学習の発展
4.1 注意機構
4.2 記憶ネットワーク
4.3 出力層の高速化

第5章 応用
5.1 機械翻訳
5.2 文書要約
5.3 対話
5.4 質問応答

第6章 汎化性能を向上させる技術
6.1 汎化誤差の分解
6.2 推定誤差低減に効く手法
6.3 最適化誤差低減に効く手法
6.4 超パラメータ選択

第7章 実装
7.1 GPUとGPGPU
7.2 RNNにおけるミニバッチ化
7.3 無作為抽出
7.4 メモリ使用量の削減
7.5 誤差逆伝播法の実装

第8章 おわりに